コラム

  1. HOME
  2. コラム
  3. お洒落
お洒落
お洒落

男の私が思う事だが、
全ての男性を代表しての意見ではないので、
あしからず、最初にお断りしておきたい、
あくまで私見である。


それは、靴の広告を目にしての意見である。
広告に載る「男の靴」は大抵黒である。
茶も少しは載る。
それだけである。
「つまらない」と私は憤慨する。


私には靴に関して苦い経験がある。
何度か経験したので、
今は対策を立てているが、万全とは言えない。


どんな経験か。
取り違えられるのである。


相手は私が取り違えたと主張するかも知れないが、それはない。
私は自分の持ち物に強いこだわりを持っている。
自分から間違えたりすることなど、決してあり得ない。
あり得ないはずだ、あり得ないと思う。
いささか不安は残る。


それ位、男の靴は似ているのだ。
例えば、呑み会に出席する。
20人ぐらいで、座敷の宴席だとする、
あがりがまちの下には20足の黒い革靴が並ぶ。


サイズの違いは見た目には判らない。
同じメーカーの同じデザインが並ぶ事だって、珍しくない。
脱いだ場所を覚えてはおく、だが宴席だ、酒が入る。


人は酒が入ると判断力が鈍る。
かくして取り違いが起こるのである。
仲居さんが並び替えた日にゃ、悲劇は同時多発する。
こんな事を書くと、女性は笑うだろうな。


女性の靴の広告は華やかである。
色とりどり、デザインも色々、ハイヒールにパンプスにブーツに・・・


しかるに、男のそれは大抵黒である。
だから、私は憤慨する。
憤慨するものの、グリーンの革靴が売っていたとしても、私は買わない。
世間中の男も買わない。だからそんな靴は作られない。
売れないものが作られないのは、仕方のない事である。


しかしながら、取り違えは靴だけで起こる悲劇ではない事をお伝えしておきたい。
信じがたい事だが、背広でも起こるのだ。
本当である。冬ならコートで起こる。
背広の比ではない、多発している。
生涯、取り違えに気付かない輩もいる位だ。


ああ、女性が羨ましい。
女性は自由にお洒落が出来ていいな!
これも私見である。


私が小さい頃、姉がバレーを習っていた。
私は姉が羨ましかった。
厳密にいうと、淡いブルーのチュチュが着られる姉が羨ましかった。
そこで私は、隠れてチュチュを着て、一人悦に入っていたのを覚えている。
そんな私だから、私見であると言い切れる。


私は健全な男子なので、
わきまえたお洒落をする。ネクタイである。

どういう訳か、ひとは私のネクタイのセンスを派手と言う。
失礼な話である。
上記の色彩への憧れを知れば、納得するはずであるのだが、
ひとはそれを知らない。


そんな私が、家具の販売に携わる様になった。
私は木が好きである。生い茂る木々が好きだ。
いつか縄文杉に会いに行きたい。
日立の木も見てみたい。木製品も好きだ。木の温もりが残っている気がする。
木といっしょに暮らしたいと思う。


当然、木で出来た家具が好きである。
だからこの仕事に就いた。


そんな私が思う事である。
椅子にお洒落をさせたい。
世の中には素敵なファブリックがいっぱいある。


素敵なファブリックを身にまとう、
世界に一脚しかない椅子をお客様に届けたい。
今は、そんな事を考えて、一人悦にいる私である。

▲ページの先頭に戻る