学習机の選び方・2010年度・・・その7

おはようございます、丸屋家具店主の丸山です。

 

昨日に引き続き学習机についてお話しいたします。

本日は「元スチール家具系学習机」についてお話しいたします。

 

私が小学校1年生だったのは・・・え~っと、50年近く前

えっ50年! ショック!・・・はさておき。

 

当時、既に我が家は家具屋を営んでおりました。

だからと言うか、私は学習机を与えられていました。

それは、木製の普通の学習机です。

(実は今でも我が家にあります)

 

だから、当時はスチール家具メーカー(オフィス家具メーカー)の学習机は、

まだ一般的ではなかったと思われます。

 スチール家具メーカーの代表格㈱イトーキのHPを見ると、

1962年(昭和37年)にホームデスク、スチューデントデスク発表と出ています。

 

私は1955年(昭和30年)生まれですから、1年生の時には、他のメーカーが発売していても、

たぶん、発売されたばかりであまり浸透していなかったんでしょうね。

(イトーキの年譜は下記参照)

 

http://www.itoki.jp/company/history.html

 

しかしこの後、スチール家具メーカー(オフィス家具メーカー)は学習机に力を入れていきます。

そして、爆発的な人気商品が出ました。

ライダーデスクです。

知っていますか?ライダーデスク。

 

下記の頁を見て下さい、写真も出ています。

 

http://www.koizumi.co.jp/60th/nenpu/index.html

 

コイズミブランドのこの学習机は空前の大ヒットを記録しました。

(今学習机を作っているのは小泉産業グループのコイズミファニテック㈱)

 

そして、これらの学習机は主用部材がスチールでした。

ですので、スチール家具メーカー(オフィス家具メーカー)の作る学習机を、

「元スチール家具メーカー系学習机」と呼びます。

 

この話、明日に続きます。