カテゴリー別アーカイブ: 雑学

立春!

こんばんは、丸屋家具店主の丸山です。

 

朝、ブログを書こうと思ったのですが、

色々と忙しく、

こんな時間になってしまいました。

 

昨日が節分だったので、

本日は立春です。

春です!

 

立春は二十四節気の一番目です。

ここから季節がスタートすると言うことでしょう。

 

本日の早朝、

禅寺では門前に「立春大吉」と書いて張り出すそうです。

「立春大吉」の意味は「謹賀新年」に近いとのことです。

立春が新年の始まりと考えると、

「立春大吉」の意味が「謹賀新年」に近いと言うのがなんとなく分かりますね。

 

と言うことで、

朝、書きたかったな~

 

本日2月2日・・・節分です!

こんにちは、丸屋家具店主の丸山です。

 

昨日、今日と南風が強いです。

でも、日差しが強く、

光の春を感じています。

 

実際に、

朝方、車の運転をしたのですが、

温室状態で、暑くて窓を開け放ちたかったです。

(花粉症が怖くて、窓は開けられません!)

 

さて、

今年は、

本日2月2日が節分なのだそうです。

 

え~っ!

 

なんでも、124年ぶりとのことです。

 

え~っ!

 

なぜ?

 

う~・・・

1年がぴったし365日でないから!

(こんな説明で勘弁して下さい)

 

でもって、

124年ぶりとのことですが、

次に2月2日が節分になるのは、

4年後なんだそうです!

 

え~っ!

 

いぶし銀

こんにちは、丸屋家具店主の丸山です。

 

本日のタイトルは「いぶし銀」なのであります。

 

えっ?

 

なんの脈絡もありません。

たまたま耳にした、

普段使う言葉に疑問を持っただけです。

 

普段使う言葉・・・う~む、

「いぶし銀」・・・あまり使わないか!

いぶし銀のような演技、とか・・・

いぶし銀のような渋みがかった男とか・・・

 

皆さんは「いぶし銀」を見たことありますか?

銀はピカピカしているのに対して、

黒ずんでいる銀が「いぶし銀」かな・・・

私の認識はそんな程度なので、ちょっと気にかかった次第です。

 

いぶし銀、漢字で書くと「燻し銀」です。

つまり、

燻した銀です。

 

煙で燻した銀?

煙で、煤けた銀?

 

調べたら、

「燻す・いぶす」にはいくつか意味がありました。

1物を燃やして煙を出す

2 殺菌、殺虫の目的で、煙を出す

3 すすや煙で黒くする

そして、

4 金属製の器具に硫黄のすすで曇りをつける

 

いぶし銀の「燻す」は4です。

 

硫黄のすすで曇りをつける・・・とは、

硫化物(硫黄化合物の一種)による化学反応で黒くすることです。

 

化学反応で黒くなるのは表面だけなので、

シルバー製品用の磨きクロスで磨くと、本来の艶のある銀が顔を出します。

これをうまく使い分けて、奥行き感のある銀製品を作り出します。

 

これが「いぶし銀」です。

 

ついでに、

調べていたときに出てきた説明によると、

「スターリングシルバーと呼ばれる銀製品には925の刻印がある。

 銀含有率が92.5%の銀合金の意味。

 銀は柔らかいので、銀100%だと、アクセサリーには不向き。

 ところで、

 法律上、925の銀であっても、純銀として扱われる」

 

へ~っ!

 

飛び恥・・・?

こんにちは、丸屋家具店主の丸山です。

 

ちょっと前なら「こんばんは」と書き始めるところですが、

日が長くなりました!

ありがたいことです。

 

春、近し!

 

さて、

先日の日経を読んでいて、初めて目にした言葉です。

「飛び恥」!

 

えっ?

 

「逃げ恥」ではありません。

 (逃げ恥も・・・実はあまり良く知らない・・・

  ドラマは一回も見てない!

  歌とダンスはよく見ました!)

 

「飛び恥・・・Flygskam・・・スウェーデン語」

地球温暖化対策としてCO2排出の削減を進めるにあたり、

CO2を大量に排出する飛行機に乗るのは恥ずかしい!

という意味だそうです。

 

日経には、

飛行機旅行を避ける人のために、

昔、欧州の主要都市を結んだヨーロッパ横断特急が復活する!

と言うニュースが書かれていました。

 

へ~っ!

 

話変わって、

牛には胃が4つあって、一回食べたものを噛み直す。

このことを「反芻・はんすう」と言う。

 

小学校で習いました。

 

でもって、

なぜ反芻を行うかと言うと、

草は簡単に消化されないので、何回も砕く必要があるのと、

実際には、

草を消化しているのは牛の胃の中に住む微生物でなので、

微生物が草を消化しやすいように混ぜ合わしているのと、

微生物自体を食べ直しているのだとか・・・

 

え~っ!

 

反芻動物(反芻を行う哺乳類)は、実は草を消化できない!

胃の中で繁殖した微生物を栄養にしている!

のだそうです。

 

え~っ!

 

反芻動物は厳密には草食動物ではなく微生物食動物!

との記述がウィキペディアに出てました。

 

え~っ!

 

でもって、

ここからが、飛び恥の続きです。

 

微生物が草を分解するときにメタンガスが発生します。

メタンガスは水に溶けないので、ゲップやおならで外に出ます。

このメタンガスが地球温暖化に、大いに悪影響を及ぼしているのです。

 

1頭や2頭なら問題ないのですが、

地球上で飼育されている反芻動物の数は膨大で、大問題なのだそうです。

 

地球温暖化の対策として、

牛を食べない運動も起きているそうです。

 

え~っ!

 

そのうち、

炭酸飲料も問題視されると思われます。

 

ビールも炭酸飲料です!

 

え~っ!

え~っ!

 

「え~っ!」・・・とは書きましたが、

温暖化対策を避けては通れません。

日本は、地球温暖化の悪影響を一番受けている国だそうです!

 

え~っ!

 

干支の組み合わせは、なぜ120通りではなく、60通り・還暦なのか?

こんにちは、丸屋家具店主の丸山です。

 

このところ寒い日が続いてました。

(昨日20日が大寒!)

今日は、お日様の日差しも強く、日中はちょっと暖かになりました!

 

早く、

春よ来い!

 

さて、

今年の干支は「辛丑」だそうです。

だそうです・・・

すみません、一般常識がなくて・・・

 

「辛丑」・・・「かのとうし」と読みます。

あるいは「かのとのうし」「しんちゅう」だそうです。

 

でもって、

干支(えと)ですが、「かんし」とも読むそうです。

かんし・・・

干支の正式名称「十干十二支」・・・「じっかんじゅうにし」と読みますが、

これから、十と十二を除いた部分です。

 

干支の「干」は幹、「支」は枝のことだそうです。

10の幹と12の枝です。

 

十干は甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

十二支は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

です。

 

10と12の組み合わせは120通りあるはずですが、

還暦というように、

暦を一回り(還)するのに60年・・・60通りの組み合わせしかありません。

 

えっ?

 

と言うのは、

組み合わせの方法に縛りが在るからです。

 

その縛りとは、

順番に並べ続ける・・・と言う縛りです。

 

十干の甲から、甲子・甲丑・甲寅・・・・・甲亥

と組み合わせて、甲が12回終わったら、

乙子・乙丑・乙寅・・・・・乙亥

と並べていけば組み合わせは120通りになりますが、

甲子・乙丑・丙寅・・・・・癸酉・甲戌

と「干」「支」から、一つずつ順番に並べるという縛りがあるのです。

 

10の干と12の支から順番に並べていくと、

61番目には、1番目の組み合わせと同じ「甲子」が現れます。

このあとは、1~60の組み合わせと同じ繰り返しです。

 

単純な組み合わせだと120通りあるのですが、

10の干と12の支から順番に並べていくと、

絶対に組み合わせが起こらないのが60通り出てくるのです。

 

10の干を6回繰り返し、12の支を5回繰り返すと同じ60回ですが、

61回目の組み合わせは、はじめの組み合わせに戻るのです。

 

10と12の最小公倍数が60と言うことですね。

 

雪の朝の上天気 ・・・その2

おはようございます、丸屋家具店主の丸山です。

 

昨日の雪、

あのまま粉雪より大粒になることはなく、午後には降り止みました。

夕方には綺麗な夕焼けが広がりました。

 

ほっ!

 

今朝の信毎新聞によりますと、松本よりもっと南の地域で降ったみたいです。

ということで、

南岸低気圧による上雪現象は起こったということですね。

 

さて、

大雪は降りませんでしたけど、

中信平の天気は快晴となっております。

 

見事な青空が広がっています!

 

週末に向かって、最高気温も上がる予報となっています。

このまま春になってくれるといいのですが・・・

そうはいかないですよね。

 

ちなみに、

寒の入り(二十四節気の小寒)は1月5日、

寒の明け(二十四節気の立春)は2月3日です。

 

上雪!

おはようございます、丸屋家具店主の丸山です。

 

今朝、出社途中に車のライトを点けました。

暗いうちに出てきたわけではなく、いつもの時間帯なのですが、

さほどに天空を厚い雲が覆っていたのであります。

 

でもって、

先程から雪が舞い始めました。

まだ、粉雪程度です。

 

中信の平は、

いつもブログに書いていますが、

降雪が少ないのです。

 

だけど、

「上雪」

と呼ばれる大雪が降ることがあります。

 

上雪って、

長野県だけで通用する言葉みたいですが、

普段は大町以北で大雪が降るのですが、

まれに、

松本以南で大雪が降ることを言います。

 

なぜ「上」?

たぶん、

「上り線」と同じ発想だと思います。

東京に近い方で降る雪・・・

だから「上雪」!

(違っていたら、ごめんなさい)

 

南岸低気圧とかが日本列島を通過するときの現象とのことです。

 

でもって、

本日の天気図は、

南岸低気圧が通過する天気図とのことです。

 

え~っ!

 

どちら様も、十分にご注意ください。

 

クリスマス・イブ

こんばんは、丸屋家具店主の丸山です。

 

この時間、日の入りが伸びているとは言うものの、

既に日が沈んでおります。

 

と言うことで、

メリー・クリスマス!

 

私は仏教徒ですので、多少の違和感はありますが、

聖人の誕生を祝うこと自体は、

いいことですよね。

 

などと言い訳をする、

ミーハーな私をお許し下さい。

 

さて、

毎年、同じことを書いておりますが・・・

 

クリスマス・イブの「イブ」は「前夜」ではありません。

イブニングのことです。

クリスマスの晩(夜)です。

 

えっ?

 

クリスマスが25日で、

なんで、クリスマスの夜が24日?

 

実は、

キリスト教会で使う暦の考え方が、一般的な暦の考え方と違うのです。

 

キリスト教会での一日は

” 日没から次の日の日没 ”

までなのです。

 

だから、

キリスト教会にとっての25日の夜は、

24日の日没から24日の深夜0時までなのです!

 

今、24日の日没後です。

既に、クリスマス当日です。

 

え~っ!

 

もう一度、

クリスマス・イブは、

厳密に言うと、

24日全体ではなく、

24日の日没から24日の深夜0時までなのです。

 

そうなんだ!

 

もう一つ、

クリスマスは「キリストのミサ」と言う意味です。

キリスト様の降誕祭です。

キリスト様の「誕生」を祝う日です。

 

と言うことで、

クリスマスは、

キリスト様の誕生日という意味ではありません。

 

え~っ!

 

キリスト様の生まれた日は、聖書に記載されていないとのことです。

 

え~っ!

 

冬至

こんにちは、丸屋家具店主の丸山です。

 

今朝は冷えました!

でも、天気は快晴で、

午後になったら暖かくなりました。

 

でもって、

塩カルで汚れた車を洗いました。

 

ジャンパーも着ずに、車を洗っていました。

ということで、

それなりに暖かかったということです。

 

さて本日は冬至であります!

 

昼間が一番短い日でありますが、

日の出が一番遅く、日の入りが一番早いわけではありません。

 

日の入りに関しては、

実は2週間ほど前から、遅くなっています。

実感としても、先週あたりから日の入りが遅くなったと感じておりました。

 

ただし、

日の出に関しては、まだまだ遅くなるのであります。

一番日の出が遅くなるのは、2週間ほど後です。

 

年明けです。

 

え~っ!

 

いずれにせよ、

明日から日が長くなると思うと、

なんとなく、ウキウキなのです。

 

春近し!

 

もっとも、

寒くなるのは、これからですけどね。

 

ブラック・フライデーとサイバー・マンデー ・・・再び

おはようございます、丸屋家具店主の丸山です。

 

朝方は・・・雪雲?・・・と思われる空模様でした。

この時間は晴れ間も見えますが、

週末にかけて寒くなるとの天気予報です。

 

どちら様も体調の維持管理にお気をつけ下さい。

 

さて、

本日のタイトルは、

「ブラック・フライデーとサイバー・マンデー ・・・再び」

です。

 

なぜ 「再び」 がついているかと言うと、

昔書いたブログを流用しようとの魂胆です。

 

以下、2011年11月30日に書いたブログです。

 

「本日、ネットのニュースを見ていたら、解らない言葉に出くわしました。

 ブラック・フライデーとサイバー・マンデーです。

 皆さんはご存知ですか?

 私はまったく知りませんでした。

 

 調べた結果・・・

 

 アメリカの祝日に感謝祭(Thanksgiving Day)と言う日があります。

 一言でいえば秋の収穫祭です。

 親族、友人らが集まって食事会が行われたりするそうです。

 

 11月の第4木曜日が感謝祭と決まっています。

 多くの州は、翌日の金曜日も祝日とするそうです。

 そういう州では、4連休になります。

 

 アメリカの小売店では、12月一ヶ月間のクリスマス商戦での売上が、

 年間売上の半分に達すると言われています。

 にわかに信じられませんが、大量のプレゼント需要と言うことでしょう。

 

 このクリスマス商戦が感謝祭翌日の金曜日から始まるのです。

 赤字だった小売店が黒字に変わるからブラック・フライデーな訳です。

 

 そして、連休明けの月曜日がサイバー・マンデーです。

 連休明け、高速回線の会社のパソコンからプレゼントを買う日とされています。

 この日からオンラインショップの売り上げが飛躍的に伸びるからです。」

 

以上、9年も前に書いた内容です。

実は、

このところの折込チラシを見て、思い出した次第です。

 

感謝祭をあまり重要視していない日本で、

それまでの赤字を吹き飛ばす訳でもない日本で、

ブラックフライデーは如何なものかと思いますが・・・

 

今年は、

コロナで赤字の所も多いでしょうから、

黒字を願う気持はよく分かるのであります。

 

こんにちは、丸屋家具店主の丸山です。

 

今日もいい天気です。

 

      柊 令和2年11月25日その1

 

いい天気なので、

散歩がてら、近くの吉田小学校に咲ヒイラギの花を撮影してきました。

 

近撮が出来なかったので、

花の輪郭がよく分からなくてすみません。

 

このヒイラギ、背が高いのです。

4メートルは軽く超えると思います。

  柊 令和2年11月25日その2

 

ヒイラギ・・・漢字では「柊」です。

語源は・・・葉の棘でヒリヒリ痛い木・・・ヒイラギらしいです。

なぜ「木」に「冬」?

疼(うずく・いたむ)木ということらしいです。

 

ヒイラギは金木犀、銀木犀の仲間です。

花の形はそっくりです。

匂いも、金木犀に比べるとかすかではありますが、いい香りです。

 

1枚目の写真、

お気づきですか?

 

葉に棘が全く見当たりません!

 

ヒイラギ、老木になると棘が無くなるのだそうです。

歳を取ると、木も丸くなるんですね。

 

小春日和!

おはようございます、丸屋家具店主の丸山です。

 

今朝は暖かだったのであります!

昨日は風は強いものの、ポカポカ日和でした。

その暖かさが残ったかのような朝でした。

 

小春日和と呼んでいいのかしら?

 

ウィキペディアを見ると、

晩秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな晴天。

と出ています。

 

また、

旧暦10月頃の気候と陽気が、春に似ているため、小春と呼ばれるようになった。

ともありました。

 

旧暦の10月は、その年時で若干変わりますが、

最大10月23日~12月22日とのことです。

 

と言うことで、

今朝の暖かさは小春日和の対象と思われます。

このまま、

日中も暖かくなりますように!

 

流れ星から・・・ちょっと考えた・その3

こんにちは、丸屋家具店主の丸山です。

 

いや~、

9月になっちゃいました!

 

暑い!

暑い!

と、面倒なことから逃げまくっていたら、

もう、9月7日です!

 

え~っ!

 

と言うことで、

色々考えずに、本題に入ります。

(そうしないと、いつまで経っても進まないので・・・)

 

流れ星が光るのは、

大気に触れて燃え尽きるからです。

 

では、

大気圏って、どのくらいの高さなの?

 

ネットでちょっと調べました。

「大気圏は対流圏、成層圏、中間圏、熱圏、外気圏に分けられ、

外気圏は高度500kmを超えます。

スペースシャトルが飛行している高度400kmあたりは、まだ大気圏内。」

 

なるほど、

 

「ただし、NASAではスペースシャトルが地球帰還時に高度を下げてきて、

高度120kmに達すると、大気圏再突入と呼んでいます。

これは、大気による機体の加熱が始まるあたりです。」

とのことでした。

 

なお、ウィキペディアによると、

流星は、

通常、地上より150km から100km程度の高さの下部熱圏で光り始め、

70kmから50kmの高さの中間圏で消滅する。

と書かれていました。

 

更に、

流星が光るのは、

「上層大気の分子と衝突してプラズマ化したガスが発光するのであって、

小天体が大気との空力加熱などにより燃えて流星として見えているわけではない。」

とのことでした!

 

え~っ!

 

流れ星から・・・ちょっと考えた・その1

こんにちは、丸屋家具店主の丸山です。

 

先日、また火球が目撃されたそうです。

 

またと言うのは、

7月2日に大きな爆発音を伴う鮮やかな火球の映像が報道され、

二日後にはその本体・・・なんと隕石が発見されたからです!

 

そう言えば、

ペルセウス座流星群を見上げたのもつい先日のことでした。

 

隕石ってそんなにたくさん落ちているの?

 

はい。

そうなのです!

 

2011年9月26日に書いたブログより引用すると・・・

「話は変わって、夜空を横切る流れ星(流星)・・・

 流星の元は、ほんの小さな塵(チリ)状の物質だって事はご存知ですよね。

 大きさは0.1㎜以下がほとんどだそうです。

 (たまに大きなのが燃え尽きずに落ちてきて隕石と呼ばれます)

 

 所で、この流星・・・一晩に何個くらい落ちてくるかご存知ですか?

 一晩と言っても、見えるのは夜ですが、もちろん昼間も落ちてきています。

 さらに、光るまでに到らない極小のものまで落ちてきています。

 

 その数、地球全体で一日2兆個!

 重さにして、なんと100トンだそうです!

 毎日、2兆個、100トンです。

 先日のNHKスペシャル「宇宙の渚」で知りました。」

 

え~っ!

 

僥倖・・・その39

おはようございます、丸屋家具店主の丸山です。

 

何の変哲もない「店主の日々」を書いております。

(ブログのタイトルを変更しました。)

 

店舗の閉店間際より、ブログ更新の頻度が上がっております!

たぶん、精神的に・・・

なにか後ろ髪を引かれていたところがあったのかも知れません。

それが、

ちょっと吹っ切れた感じです。

 

と言うことで、

久々の「僥倖」です。

 

僥倖・ぎょうこう、

「思いがけない幸運」と言う意味なのであります。

 

破竹の連勝中に藤井聡太当時四段が使って、

恥ずかしながら初めて知った言葉なのであります。

 

そこで、藤井聡太棋士が活躍するたびにタイトルに使っております。

 

では、昨日の勝利がその僥倖かと言うと、

ちょっと違います。

 

実は、将棋棋士のレイティング、ランキングを記しているホームページがあるのです。

先日聞いた話では、

誰が運営しているか、当の棋士ですら知らない!

らしい・・・

謎のページです。

 

でも、

とってもよく出来ていて、更新のスピードも猛烈に早くて・・・

なんでこんなに早いんだ!

と驚くほどで、

24時間、将棋だけ追いかけているの?

あなたは誰?

と言うページです。

 

2サイトあります。

よかったら下記をご覧ください。

 

http://kishibetsu.com/ranking2.html

http://shogidata.info/list/rateranking.html

 

実は、このランキングで、

コロナで対局が延期となる直前から、

藤井聡太七段が、

首位なのです!

 

え~っ!

 

非公式と思われるランキングなので、

今まではブログで触れなかった次第です。

 

雨上がりの黄色い輪っか

おはようございます、丸屋家具店主の丸山です。

 

何の変哲もない「店主の日々」を書いております。

(ブログのタイトルを変更しました。)

 

昨夜は雨降りでした。

かなりの雨脚で、雨音で目が覚めたくらいです。

 

今朝はその雨も上がって、水たまりがあちこちに出来ております。

そして、

その水たまりのふちには黄色い輪っかが出来ておりました。

 

五月の雨上がりに、

私のブログでは必ず取り上げる話題です。

 

この輪っか、

この時季咲いているアカシアの花粉ではありません。

まして、イエローケーキでもありません。

(ウラン鉱石精製過程の濾過液から得られるウラン含量の高い粉末)

 

松の花粉です。

 

松の花粉には、遠くまで風に乗るため浮き袋が付いています。

この浮き袋があるため、

花粉は水に浮き、黄色い輪っかを作るのです。

 

写真をご覧になりたい方は、下記のサイトをご覧ください。

詳しく出ています。

 

https://kinomemocho.com/sanpo_pine_pollen.html